エサウイラ周遊

エサウイラ周遊、美しいモガドール、1日コース

エサウイラ発見に出発、以前のモガドール、アラブとベルベルの村を横切り、南西モロッコへ抜ける。美しい漁港は絵のようで、風が吹いている。アガディールの北173km、マラケシュの西176km、カサブランヵの南360kmの大西洋岸に位置している。よく保存された18世紀の壁に囲われた港町、豊かな文化の歴史を北アフリカの環境へ伝えた西洋人の影響力で町は特徴を帯びている、見張り台も発見するだろう、そこには大砲があり、水門があり、印象的な壁があり、ドアの青色があり、港がある。
当地の新しい構造物はエレガントで堂々としている。旧市街はユネスコの世界遺産に指定されている。
町は浜辺とウオーター・スポーツでも有名である:ウインド・サーフィン、カイト・サーフィン、風に感謝、港、毎年開催されるカイト・サーフィングの世界大会

チュヤの木工製品が知られている、海岸の背後地にある珍しいエッセンス、そのオイルは珍重されている:
アルガンの木とアルガン・オイル
昼食は含まれず

旧市街であなたは、ムーレイ・エル・ハッサン広場と大きなモスクに魅せられるだろう。砦の北側から象嵌細工の地区にアクセスでき、そこでは工芸職人が杉の加工をしている。
マラケシュのホテルへ戻る。

レストラン シェ・サム エサウイラ

レストラン シェ・サムはエサウイラの港の端、漁港の末端にあり、当地の漁船に囲まれており、ボートの中にいるようだ。

レストラン エル・ハイマ エサウイラ

カイダル・テントの中、大変暖かい雰囲気の中に、東洋産の小さな丸テーブル、ベンチとストゥールが置かれている。東洋的雰囲気の中、モロッコのスペシャル料理が給仕される。